ちょうど年末年始を挟んで時間が取れたので、セカンドオピニオンを受ける前に、認知症をもう少し調べなければと思い、ネットでいろいろ見て、ピンときた内容が書いてあった本を注文し、一通り目を通しました。「コウノメソッド」をそこで知りました。「薬の量を少量でコントロールすれば、認知症患者ももっと穏やかに、介護する家族も穏やかに過ごすことができる」というようなことが書いてありました。そしてコウノメソッドのHPを見ると、岡山で対応しているのが、お会いしたことはないけど、私が取り組んでいた栄養療法でも長くかかわられているY先生だったというのも安心できました。

コウノメソッドが絶対良い、とは断言できません。(コウノメソッドで調べると、提唱者の医師の訴訟の話をはじめ、いい話ばかりが出てくるわけではないというのも踏まえて) ただ、私の母にとっては、とてもあっていたいた方法であり、進行をかなり抑えられたので、小規模多機能施設に移った際にケアマネさんから驚かれました。

わたしも母が発症する前に自分が体調を崩したのをきっかけに、健康管理について、いろいろ調べていたところに見つけたコウノメソッドは、本当にありがたい存在でした。しかもそれを岡山でやっているのが、他からの評価も高い、信頼できるY先生だったのです。

あまりコウノメソッドの利用者側の感想記事がないと思いますが、できるだけ読んでみて、気になるようでしたら、お近くの実践されている病院に問い合わせをしてみてください。

コウノメソッド実践医はこちら