お金とココロのアドバイザー 榎本尚子です。

今日はサブスクのおはなし。

今サブスクリプションのサービスは巷にあふれています。

私が利用している有料サービスだけでも
amazonプライム
G suite(Googleのビジネスサービス)
chatwork(ビジネス用チャット)
MOVFAX(ファックスをオンラインで受信できるもの)
radiko(全国のAM・FMが聞けるサービス)
IIJみおふぉん(格安系携帯サービス)
microsoft 365(MicrosoftofficeやSKYPE、OneDriveなどが利用できる)
zoom(オンライン会議ツール)
icloud(Appleのクラウドサービス。iPhone用に契約)
・・・など。

ここ10年でスマホが普及したのもあり、
ずいぶんサブスクリプションのサービスが増えました。

今書き出してみたら、クラウドストレージが重なっているところがあるので、
整理をしようと思いました。
FAXも5年ほど前にこのサービスに切り替えましたが、そろそろ終わりかな。

最近では家電もレンタルでサブスク利用できるというのもあるようです。
服もエアークローゼットみたいに、毎月定額でレンタルするのもあります。
サブスクは気になるものを全部カバーをしていったら、
とんでもない支払いを毎月することになります。
数100円が、塵も積もって山となるということです。

さて、去年からmicrosoft 365を使っています。
PCの買い替えのタイミングで、Officeをそのまま買うか、サブスクを使うかというところで迷っていたところ、
便利だし、直接契約より、Amazonプライムセールで12か月分買えば安く買えるよ。
と教えていただきました。あ、そういうやり方もあるのかと思い、
他のサービスも含めて利用することにしました。
一年経って、別に普通にOffice買えばいいじゃないか、ってなったら変えようと思っていましたが、
割と使い勝手が良いです。

office365を使ってよかったところ

OfficeをiPhoneで使うようになり、この投稿も下書きはwordの音声入力で。

(音声入力・ディクテーションは、最新のOfficeにももちろん搭載されているので、
Microsoft365を使わなくても使えます。

skypeが60分無料で使える。

これは勝間和代さん情報。
skypeで電話をするなんて、考えてもいませんでしたが、確かにスマホにアプリは入ってるし、
オンライン通話以外考えたことがなかったんですが、意外に使えます。
PCからももちろん発信できます。
スマホを格安系にしてから10分の通話定額をつけていますが、

LINEやFacebookメッセンジャーでつながっていない人に電話をしたり、
時間がかかりそうな問い合わせの電話の際に利用しています。

officeの不明点をチャットで問い合わせることができる。

(これはまだ使ったことがありません。でも、これあるんだ、ありがたい)

OneDriveの1T(テラ)のストレージが使える

googleの写真データ無制限アップロードのサービスが2021年の5月で終わってしまったので、
今後googleで追加のストレージ料を払って預けるか迷いましたが、
今のところはマイクロソフトのストレージにデータを移すことにしました。
iPhoneから自動アップロードの設定ができたので、これでしばらく様子見です。

Googleに頼りすぎることの限界

私の場合はGsuiteを仕事用で使っていますが、
10年以上使ってきて、メリットももちろんありますが、デメリットも感じています。

数年前、仕事の事情で、それまでクラウドに保存していたデータを
オフラインでしか管理できないという状態になったときに、
PCのHDに直接データを移し替えました。
大丈夫かな?と心配ではあったのですが、案の定、
それまでgoogleのスプレッドシートのまま保管をしていたデータが、
googleのバージョンアップとともに使えない代物になってしまいました。
(この話は、ネット上でもあちこちで見受けられます)

それで、大事なデータをスプレッドシートで管理をするのは危ないな、という結論になりました。
まあ無料のサービスなのでそこまで求める方が無理だとは思いますが、
表計算ソフトを考えるのであれば、やっぱりExcelで管理をするのが手堅いということになり、
それであればmicrosoft 365を利用しているのもアリなのかなと思います。
googleスプレッドシートの大きなメリットとしては、
スマホでもアプリを入れておけば、
データが簡単に開けるというメリットがあります。
ただその管理という意味では、アプリをいれれば
Excelでもいけるなということになってきました。

ということで、Microsoft365はそんな感じで活用するようになってきました。

Microsoft365をできるだけ安く入手する方法

去年導入時のアドバイス通り、今回のプライムセールで買いました。
10%オフ+クーポンが使えたので、
正規サイトなら12か月で12,984円のものが、9,509円で購入できました。
(初回去年8月もAmazonで購入しましたが、11,581円。11%オフで購入できているようです)

しかも今月はええキャンペーンキャンペーン月だったようで、
3000円のキャッシュバックが受け取れるというのが、ありがたい!
通常年払いで12,984円というのが、
実質が6,500円程度で済んだということになります。ほぼ半額!
12で割ると、ひと月550円程度なので、かなりお得になったと思います。

Microsoft365&Office キャッシュバックキャンペーンはこちらから

 

zoomはドル払いすると安くなる?

在宅勤務が増えてzoomの導入も増えてきていると思います。
私も仕事でええ今まではお客さんの家に訪問してお話をしたり直接の面談が多かったのですが、
zoomで面談をすることが増えてきました。

zoomもセキュリティ面やグループで打ち合わせをすることを考えて、
去年の4月の非常事態宣言のころから有料会員になっていますが、途中から年払いに切り替えをしました。
キャンペーンの時期に年払いに切り替えをすることで、
利用料が月払いより随分安くなったのですが、それを友人に教えたところ、
ドル払いにするとさらに安くなったよ!という話を聞きました。

じゃあ、すでに契約して、円で払っている人はどうしたらいいのか?
調べてみたところ、更新をせずアカウントを別で作って、
ドル払いすればいいという方法があるようでした(それありなのかーー?)
実際払ってないので確証はありませんがそういった方法を試すのもありかと思います。
※必ずご確認ください

子どもの習い事の見極めも

我が家が今私が今悩んでいるのは、息子の習い事です。
これも1つの大きなサブスクだと思いますが、今月で習字は辞めることになりました。
中学校の生活スタイルが変わってきて、

それと、オンラインの家庭教師をしているのですが、
中学生になると小学生の時よりも値段が上がってきてしまい、
できるだけ低コストで押さえるのにスタディサプリの個別指導を入れるかどうか検討中です。
スタサプは2年半以上使っていて、
今は値上げ前の価格なので、毎月1000円程度で済んでいるのですが、
個別指導を入れると毎月1万円程度になります。

今月末までが、キャッシュバックの対象になるということで、今ちょっと迷っています。
さあ、どうするか。


現状に応じた使い方を

月払いと年払いであれば、
年払いにすると、月当たりが安くなるので、割安に使えるというメリットはありますが、
途中で解約しても返金なしという、手痛いデメリットがある場合もあります。
それとわざわざ有料プランを選ばなくても、無料プランで済むサービスもあります。

なんとなく毎月払っていたりするものも多いと思いますが、
今一度、これは何度も言ってることですが、必要なものと必要でないものを見極めて、
いるものだけいるものだけを利用するのが理想的だと思います。

保険シリーズ、まとめました。

記事を読んでの感想をお聞かせください。
次はこんな内容を読みたいというのも大歓迎です。

LINE公式アカウントからどうぞ。
友だち追加

お金とココロのアドバイザー・榎本尚子の日々晴々(メルマガ)の
購読申し込みはこちら

日々のモヤモヤから解放されたい方はこちら

モヤモヤ人生リセット

自分では、お金のことがさっぱりわからないというあなた、
お気軽にご相談ください!

保険や家計の見直し

<ご相談はzoomなどオンライン対応やっています>